会長あいさつ

旭児連代表の齋藤です

旭児連
齋藤厚 会長挨拶



 平素より旭川地域児童デイサービス連絡協議会(以下旭児連)の運営に際してご協力を賜りまして誠にありがとうございます。このたび令和3年度の総会におきまして、会長職を仰せ付かりました齋藤厚と申します。会員の皆様からのご信任に背かぬよう、廣岡前会長をはじめ先人の功績を汚さぬよう精一杯務めさせていただきます。

 さて、旭児連は旭川のみならず道北地域全体を対象としての連絡協議会として、今年度は加盟施設数も70事業所を超えました。 設立当初より、こどもファーストで関係各所との連携を図ること、安定した事業継続のための後方支援といった目的をもっておりました。
とくに昨年度からは、関係各所への放課後等サービスの広報・啓蒙活動は一定程度の役割を終え、昨今の人材不足や人材定着の後押しになるような研修活動を強化することになりました。この研修事業もコロナ禍において、オンライン研修を取り入れたりと試行錯誤をしながら進めているところです。


 取り巻く環境としましては、現在子供の人口は増えていないにも関わらず、共働き家庭の増加と比例して保育需要は増えており、2025年にピークを迎えようとしております。
発達支援の場でもこれからピークと減少を迎えることが推測されます。

 これらは家庭環境を背景とした推測ですので、各事業所においては、療育そのもの・家族へ対する支援・関係各所との連携・事業所への後方支援などの重層的な活動がより一層求められることと思われます。
 旭児連においてもそういった各事業所の活動をバックアップしていける団体としていきたいと思います。
引き続き皆さまのご理解とご支援のほど、よろしくお願い致します。


旭川地域児童デイサービス等連絡協議会
会長 齋藤厚